• ホーム
  • ピルの飲み始め方は2通り?自分に合った方法で服用しよう

ピルの飲み始め方は2通り?自分に合った方法で服用しよう

2020年01月11日
微笑んでいる女性

ピルの飲み方には、Day1スタートとSundayスタートがあります。1つの製品でどちらかの飲み方ができるわけではなく、Day1スタートピル・Sundayスタートピルといったように製品ごとに定められた服用方法になります。

Day1スタートピルは、月経初日から服用開始します。21錠タイプと28錠タイプがありますが、どちらも変わらず月経初日からの服用となります。また、副作用や有効成分の効果にも違いはありません。しかし、飲み方には少し違いがあります。

21錠タイプは、1シート21錠です。1日1錠を21日間連続服用し、その後7日間は休薬期間となります。28錠タイプは1シート28錠ですが、このうち21錠は実薬(有効成分が含まれている薬剤)、残り7錠は偽薬となっています。

この偽薬は怪しいものではなく、28日で1サイクルという服用周期を忘れないためにあります。21錠タイプで言う休薬期間の時に、28錠タイプでは偽薬を服用して7日間を過ごすということです。偽薬に有効成分は含まれていませんが、ショ糖など無害な原料で作られているので何の支障もありません。

続いて、Sundayスタートピルの飲み始め方についてです。Sundayスタートピルの服用開始日は、月経開始から最初の日曜日です。月曜日から土曜日の間に月経が来たなら、次に来る日曜日が服用開始日となります。月経が日曜日に開始された場合は、その日が服用開始日になります。

Sundayスタートピルの飲み方では、服用開始から最初の1週間は避妊効果が発揮されにくいと言われています。そのため、その期間中はこれ以外の避妊法も必須です。Sundayスタートピルは、週末に月経が来ることを防げるというメリットがあります。週末にはお出かけしたい方が多いため、そういった予定のある方に用いられることが多いです。

飲み割れた場合についてですが、1日の飲み忘れであれば気付いた時に服用してください。その日の分も問題なく、通常通りに服用して構いません。2日以上も連続して飲み割れた場合は、飲み割れた分の服用はやめてください。そして次の月経を待ち、訪れたら新しいシートの錠剤服用を始めます。次シートの服用開始までは妊娠を防げる効果が薄れている状態なので、他の避妊法も必ず行いましょう。

28錠タイプでは偽薬の7錠を飲み忘れる場合もありますが、これは成分を含まないプラセボですので、飲み忘れたところで何の問題もありません。しかし、服用周期で混乱する可能性は出てきます。シートの減り具合と自らの頭に頼り切らず、カレンダーなどに毎日服用有無を記入して管理するという工夫も必要です。

ピルは基本的に飲み忘れNGですので、できるだけ起きないように気を付けてください。飲み忘れは避妊効果消失の他、不正性器出血を引き起こす確率を高める可能性があるためです。万が一忘れた時には、適切として定められた飲み始め方を守ってください。

関連記事
避妊効果だけじゃない!ピルの驚くべき効果とは?

ピルは一般的に避妊薬のイメージを持っている方が多いようですが、実際には避妊以外の効果もあります。医療の世界では避妊以外の目的で処方箋されることも多く、特に医療の先進国ではあらゆる治療薬・予防薬として用いられています。どのような効果があるのかと言えば、生理痛の緩和・生理不順・ニキビの改善、生理周期のコ...

2019年12月22日